青汁の健康・美容パワーを検証♪
大麦若葉・明日葉・ケールなど
お薦めの原材料についても徹底解説しています!

選び方ガイド「原材料を比較する」

製品を選ぶときに非常に参考になるのが「原材料の比較」です。

青汁の原材料は、いわずもがな野菜です。
しかし、どんな野菜を使うかによって、含有される栄養素は大きく異なります。
含有される栄養が変われば、期待できる主なパワーも変化します。
さらに、青汁を選ぶ際の大きな指標である「味わい」も原材料によって異なります。

そこで、このページでは原材料ごとの特徴を分かりやすく解説していきます。
製品を選ぶときは、ぜひ参考にしてみてください。

お薦め原材料①:明日葉

明日葉は、八丈島などの暖かい地域に自生する野菜です。
最大の特徴は「日本原産」であるということ。
八丈島などの地域では、古くから健康食として習慣的に摂取されていたそうです。

名前の由来は「今日摘んでも明日にはまた生えてくる」というものだそうです。 名前からも、その生命力の強さを知ることができます。

甘味を感じる野菜で、美味しいという点でも評価されています。
苦みやクセが殆ど感じられません。

【含有される栄養素】
最も特徴的な栄養素としては、カルコンが挙げられます。
カルコンはポリフェノールの一種。
明日葉にしか含まれない特別な栄養素です。
不要物を洗い流すデトックスの作用に優れているのが特徴で、むくみの解消やポッコリお腹の解消に役立ちます。

【お薦めの青汁】
明日葉を含有するお薦めの青汁としては、ふるさと青汁が挙げられます。
本場である八丈島産の素材を使用しているのが特徴です。
農薬なども使用されていないので、安心して飲み続けることができます。
葉・茎・根など、明日葉を丸ごと使用しているのもポイント。
これによって、有用成分であるカルコンをたっぷり摂ることができます。

お薦め原材料②:大麦若葉

大麦若葉は、大麦を若いうちに摘み取った野菜。
苦み・エグミが少ない美味しい青汁原材料として評判です。
栄養価が非常に豊富で、なおかつバランスが良いのも特徴です。
様々な目的に役立つ原材料として評価されています。

【含有される栄養素】
食物繊維を中心に、ビタミンやミネラルなどの栄養素がバランス良く含まれています。
特に注目したいのは、SOD酵素という成分。
アンチエイジングに役立つ強力な抗酸化作用を期待することができます。
美容への優れたパワーに注目です。

【お薦めの青汁】
大麦若葉を含有しているお薦めの青汁としては、ふるさと青汁が挙げられます。
栄養たっぷりの九州産大麦若葉を使用しています。

お薦め原材料③:クマイザサ

クマイザサは、北海道などに自生している野菜。
クマが冬眠前にこれを食べることで知られている植物で、優れた殺菌作用が期待されています。
中国では、古くから漢方の素材として用いられていました。
様々な栄養素を含む自然界の万能植物です。

【含有される栄養素】
食物繊維が豊富な野菜です。
さらに、カルシウムや鉄分などもたっぷり含まれています。
これらの栄養素が、元気と活力をサポートしてくれます。

【お薦めの青汁】
クマイザサを原材料に使用した青汁としては、黒糖抹茶青汁寒天ジュレが挙げられます。
クマイザサ以外にも、様々な素材を配合しています。
美容を目的としている場合は、抜群の実感度を期待できる製品です。

お薦め原材料④:ミドリムシ(ユーグレナ)

ミドリムシは、別名「ユーグレナ」とも呼ばれる植物。
ワカメなどと同じ藻の一種です。
動物性と植物性の両方の特徴を併せ持つのが最大の特徴で、栄養価もそれぞれの成分をバランス良く含みます。
一般的な青汁では摂れない成分も摂取できるのが長所です。

【含有される栄養素】
ビタミン・ミネラルなども含みますが、DHAやEPAといった不飽和脂肪酸も含有しています。
さらに、アミノ酸などが含まれているのも特徴です。

【お薦めの青汁】
ユーグレナを豊富に含む青汁の代表例としては、ユーグレナファームの緑汁が挙げられます。
初回は500円で7日分を試せるので、まずは飲んでみることも可能です。

トップに戻る