青汁の健康・美容パワーを検証♪
大麦若葉・明日葉・ケールなど
お薦めの原材料についても徹底解説しています!

【徹底活用】賢い飲み方を考察!

このページでは、青汁の飲み方について詳しく解説しています。
飲み方のコツをおさえておけば、そのパワーを100%引き出すことができます。
ぜひ、参考にしながら青汁を利用してみてください。

Check1.しっかり続けること

青汁は医薬品のように即効性のあるものではありません。
あくまで「野菜の栄養を凝縮したアイテム」ですから、そのパワーを感じるには、継続することが何よりも大切。
続けていくことによって、健康や美容への実感が湧いてくるというケースが殆どです。
まずは長期的に摂取を続けていくことを念頭に置きましょう。

大体の目安ですが、まず二ヶ月程度は続けてみたいところ。
もちろん、飲み始めて2~3日でもある程度の満足度を期待することはできますが、続ければ続けるほど実感は高まります。
栄養バランスに非常に役立つ青汁ですから、日常に取り入れることが出来ればベストです。

続けやすい製品を選ぶのもポイント

上記した通り、青汁は続ければ続けるほどに満足度が高まります。
逆に、続けることができなければ実感はなかなか出て来ません。
そこで提案したいのが「続けやすい製品を選ぶ」ということ。
味にクセがありすぎる…値段が高すぎる…という製品では、長期的に継続するのが難しいものです。
ランキングなどを参考にしながら、品質・値段・味のバランスがとれた製品を選ぶようにしましょう。

Check2.摂取のタイミングについて

青汁は薬ではありませんから、摂取のタイミングについてのルールはありません。
生活リズムにあわせて、いつでも好きなタイミングで飲みましょう。

出来れば意識しておきたいのは「毎日同じタイミングで摂取する」ということ。
毎日同じタイミングで青汁を飲むことができれば、それが習慣になります。
習慣になれば、うっかり飲むのを忘れてしまう…ということもないでしょう。

さらに言えば、食事の前後で摂るようにできれば最高!
なぜなら、食事の前後の摂取であれば、青汁を料理(食べ物)と一緒に消化・吸収できるので、スムーズに身体に取り込むことができるのです。
多少の差ではありますが、より効果を実感しやすくなると考えることができるでしょう。

Check3.アレンジして飲みやすく!

どうしても青汁の味が苦手…
たまには味に変化が欲しい…

そんな方にお薦めしたいのが、アレンジして飲む…ということ。

冷たい水に溶かすのとは一味違う風味になるので、飲みやすいと感じることができるはず!

例えば、冷たい牛乳に溶かすのはお薦め。
いつでも気軽にトライすることができますし、青汁の栄養価を壊すこともありません。
また、ヨーグルトに溶かすのもお薦めです。
味がまろやかになるので、お子様に与える場合にも最適でしょう。

料理に加える…という方法もあります。
多くの青汁製品は粉末状になっていますから、調味料のような感覚で利用することができます。

注意点もチェック!

アレンジレシピには注意点もあります。

牛乳やヨーグルトに溶かす場合には、カロリーに気をつけるようにしたいところ。
粉末を溶かすドリンクタイプの場合、一日分の摂取目安量は数kcal程度です。(1桁ほどしかありません。)

しかし、牛乳やヨーグルトに混ぜると、カロリーはそれなりに多くなります。
もちろん、それだけでカロリーオーバーになるようなことはありませんが、ある程度留意しておく必要はあるでしょう。

また、料理に加える場合は、特定の栄養素が失われてしまうことに注意する必要があります。
例えば、ビタミンCは熱によって損なわれてしまうという弱点があるので注意しましょう。
加熱する料理に青汁を加えてしまうと、ビタミンCの殆どが失われます。

週に1・2回程度料理に加えて青汁を摂取する…という頻度であれば問題ありませんが、毎日となると、青汁のメリットが十分に実感できなくなってしまう可能性があります。

これらの点をしっかり意識しながら、アレンジレシピを利用するようにしましょう。

ちなみに、アレンジレシピに使いやすい製品としては、ふるさと青汁などが挙げられます。
この製品はコストパフォーマンスも良いですし、味わいもまろやかでクセがありません。
粉末スティックタイプなので、利便性も優れています。

トップに戻る